スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<日医連>民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も(毎日新聞)

 日本医師会(日医)の政治団体、日本医師連盟(日医連)は、夏の参院選比例代表で自民党現職の西島英利氏(62)の推薦を取り消し、民主党新人の医療法人理事長、安藤高夫氏(51)を単独推薦する方向で検討を始めた。今月1日の日医会長選に「親民主」を掲げて初当選し、日医連の委員長も務める原中勝征日医会長が、20日の日医連執行委員会に提案する。ただ、執行部には反対意見も多く、提案通り最終決定に至るかは不透明だ。日医連は昨年1月、採決で西島氏の推薦を決めたが、日医連の規約には明確な決議方法は示されていない。関係者によると、原中氏はこれに着目し「委員長一任」に持ち込みたい考えだという。

 日医会長選で、原中氏は得票率が約37%と3分の1強にとどまったほか、3人の副会長はすべて「非原中」派が当選した。組織内で原中氏の基盤は盤石ではなく、参院選への対応は当初、西島、安藤両氏推薦で決着するとの見方が強かった。

 ところが、民主党の小沢一郎幹事長が「自民外し」を強く求めたという。かつての自民党の牙城を民主党側に引き寄せ、参院選を少しでも有利に戦いたいとの思惑があるとみられるが、提案は日医連に深刻な亀裂を生じさせる可能性もある。【鈴木直】

【関連ニュース】
日本医師会:会長に原中氏 小差、民主との距離苦慮 参院選対応、微妙に
質問なるほドリ:日本医師会ってどんな組織?=回答・佐藤丈一
選挙:参院選 県歯科医師連盟、民主・三橋氏推薦へ 自民現職の末松氏に加え /兵庫
’10参院選かごしま:揺らぐ業界団体 政権交代で方針転換も /鹿児島

「聖火ランナーのまねをしようと…」竹ぼうきに火を付けた少年ら逮捕(産経新聞)
受信契約拒否のホテル経営会社、NHKが提訴(読売新聞)
水俣病救済方針を閣議決定=未認定患者3万人超対象-全面解決目指す(時事通信)
舛添氏に毅然と対応を=自民総務会長(時事通信)
<上海万博>岡本真夜さんの曲を使用…実行委の申請受諾(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。